マイクラ牛焼肉自動製造

コンパクトでしかも効率的で簡単な焼肉製造機を作りました。

マイクラを始めたばかりで材料が少ない

早い段階でも作れるように考えてみました。

溶岩を利用するので鉄格子を使っています。

横6ブロック 縦5ブロック 高さ9ブロックの製造機になります。


材料

ブロック100個程度(画像ではわかりやすいようにガラス使用)

ホッパー4個

ラージチェスト1個

ディスペンサー2個

溶岩2個

レッドストーンパウダー2個

オブザーバー1個

ドロッパー1個

ボタンスイッチ1個

鉄格子40個程度

水バケツ

はしご(ブロック階段設置など他の方法はあるので無くてもかまいません)

下段から順番に説明していきたいと思います

それぞれの画像下に説明文があります


1段目

ラージチェストに向かってホッパーを2個取り付けます

2個つけた両側に一個づつ最初につけた2個のホッパーに向かって取り付けます

合計4個のホッパーが並んで取り付けられています

横から見るとこのようになっています

2段目

ホッパーの上後ろ4個その右下に1個、このようにブロックを取り付けます

3段目

ディスペンサー2個を先ほど設置したブロックの真ん中2個上に

前向きに取り付けます

4段目

レッドストーン回路も設置していきます

ディスペンサーを画像のように囲むようにブロックを置きます

ディスペンサー右横には置きません

先ほど置いたブロックの右側にこのようにレッドストーンを設置します

ホッパー右一段上に前面に顔がくるようにオブザーバー設置

前から見るとこんな感じです

オブザーバーの顔の前にドロッパー設置

ボタンスイッチを設置

ホッパー両端の上に3段鉄格子設置

ドロッパー横に下4マス×高さ3マスのブロック設置

5段目

ここからは後ろから見た画像になります

前面に重ねたブロックの上に一段積み重ねます

真ん中の2つに看板を設置

ディスペンサー側のブロックは高さを変えず後ろに1ブロック分1列を

画像のように取り付けます

鉄格子を看板横から画像のように3個つなげます

鉄格子の一番後ろ両端1ブロックずつと後ろ4ブロックを取り付けます

両端にブロックをつけた鉄格子に向かって水を置きます

6段目

前面後面4ブロックを1段鉄格子3個を両端にそれぞれ取り付けます

7段目

6段目に取り付けた全面後面ブロックを1段足した後

鉄格子を画像のように取り付け両端に3ブロック取り付けます

8,9段目

鉄格子から2段高くなるようにブロックを周囲に設置

ディスペンサー2個それぞれに溶岩を入れておきます

はしごで上に登れるようにしました

牛を鉄格子の上に連れてきたら完成になります

おつかれさまでした

親牛を2匹連れてきて繁殖させる場合には鉄格子の上に

半ブロックを敷き詰めて増殖させてください

増殖後忘れず取り除いてください

ガラスにはモンスターは湧きませんが不透過ブロックを使用した場合

9段目上に半ブロックを置いたりタイマツで湧きつぶしをしておくといいですね

はしごを使って親牛に餌の小麦を与えます

子牛がホッパーの上に落下し20分程度で成長したら

右側のドロッパーについているボタンを押します

子牛は燃えず成長した牛だけダメージを受けています